/*①*/ /*②*/

スポンサーリンク

「人生の100のリスト」で人生が変わった。人生の羅針盤を見つける方法を教えます!

10月 19, 2019

スポンサーリンク

Left Caption

管理人NORI

どうも管理人のNORIです!

突然ですが皆さんに質問したい事があります。

少し考える準備をしてください。

 

ちょっと柄に無く大事な質問をします(笑)

 

人生でやりたいことはありますか?

 

いかがでしょうか?

自分の人生でやりたいこと。

すぐに回答できるでしょうか?

 

こう質問されて即座に、

たくさんのやりたい事が浮かんできた方はそのままこの記事を閉じてください(笑)

 

もし、この質問に答えられない、またはやりたいことなんてないという方は今日の記事が参考になると思います。

 

今日は、やりたいことがなかった自分出会った本と、やりたいことを見つけ達成できた方法を紹介したいと思います。

本に出合う前

その本に出合う前に、その時の私の状況を少し話したいと思います。

 

私は、本に出合う前、ごくごく普通の人生を送っていました。

 

大学を卒業して、特に苦労することなく第1希望の会社に内定。

家族が全員喜んだ内定先。

自分も希望が叶い満ち足りた気分でいました。

 

そして入社してすぐに欲しかった好きなドイツ車を買い、異動先では希望部署に配属。

仕事では大変な面がありましたが、ボーナスを貰い休みの日に旅行に行ける。

 

そんな状況でした。

 

一見して、すごい満ち足りている人生だと思いますよね。

 

しかし、心が納得していませんでした。

 

毎日同じ仕事、固定化した休日の過ごし方など一見満ち足りているようで心に何かぽっかり隙間が空いている感じでした。

そんなときに出会った「人生の100のリスト」

そんなときに私が出会った本が、ロバート・ハリスさんの「人生の100のリスト」です。

人生の100のリスト (講談社 α文庫)

新品価格
¥1,012から
(2019/10/19 17:15時点)


この本では、ロバートさんが19歳の時に人生の羅針盤を作るために、やりたいこと100のリストを作りどうなったかが書かれています。

人生楽しんだもん勝ち”というモットーに様々なことが書かれた100のリストは当時の私には刺激的でした。

 

この本に背中を押された私は、やりたい事リスト100を作成しました。

リストに描いた内容は荒唐無稽な内容

実際に私が作ったやりたい事リスト100は、思いつくままに書き荒唐無稽な内容ばかりでした(笑)

 

以下作成した一部内容を抜粋します。

・ELLEGARDENのライブに行く

・イルカと一緒に泳ぐ

・自分の畑を持つ

・自分の作品を世に送る

・外国人の友達100人作る

・自分のイベントに100人集める

・日本の中で最高のVIPと会う。

・雑誌や新聞に自分が掲載される

・社会問題を解決する(解決の糸口も可) 等

すごいザックリとしたあいまいなリストですよね(笑)

 

このリストを作成したのが2016年の元旦でした。

 

当時、普通の社会人だった私は、達成する事ができないだろうと思っていました。

私がやりたい事を正直に書きました。

しかし、3年たった今振り返ると驚くことに上記に書いたことが、全て達成できたのです

まさかELLEGARDENが復活するとは2016年は思いませんでしたが(笑)

もちろんこれは、運やタイミングが良かっただけかも知れません。

達成できた理由

しかし、リストを書くことで私の行動に変化が起きそれまで行動が変わるキッカケとなりました。

 

 

リストに書くという作業を通じて自分の内面と向き合い「自分の欲求=やりたい事」という抽象的なものが、具現化されたのです。

それまでのプライベートの過ごし方、仕事への価値観が変化してきました。

それが羅針盤となり足りないものを見つめ達成できるように努力する、達成したものはワクワクする次のやりたい事を書く。

 

そうする事でいいサイクルが生まれ、人生が充実している実感を持てるようになります。

 

また自分の行動が可視化され、それに行きつくまでの準備や必要なものを調べて行動する事ができるようになりました。

 

リストのコツ

ここで少しリストを作るコツをお話しします。

 

それは、無理と言わずとりあえず書いてみる事です。

例えば、「月に行く」「子供と空を飛ぶ」「旦那さんと遊園地貸し切り」でも思いつくままに書いてください。

「新しいジャンルの本を読む」「世界遺産を巡る」でもなんでも書いてOKです。

 

不思議と書いているうちに自分の本質的欲求が見えてきます。

 

例えば、自分の場合であれば「社会に貢献する事をしたいんだな」「人に褒められたいんだな」とかそういった自分が気づかない欲求が出ていました。

 

それにトライする事で、自分の人生の過ごし方や価値観を認識できるようになります。

 

 

是非皆さんもリストを書いてみてくださいね!

 

Left Caption

管理人NORI

いかがでしたでしょうか?

 

今日は私が感銘を受けたロバート・ハリスさんの「人生の100のリスト」を紹介しました!

人生の100のリスト (講談社 α文庫)

新品価格
¥1,012から
(2019/10/19 17:15時点)

是非皆さんも手に取っていただき、やりたい事を探してくださいね!

 

ブログを読んで頂きありがとうございました。

ブログのシェアをよろしくお願いします!

 

この記事を書いた人

NORI

生粋の道産子。目標は社会をより良くすること。現在32歳。大学卒業後、インフラ企業に就職。約9年働く。退職後、現在は中国在住。総合旅行業務取扱管理者、柔道初段など資格多数。旅と音楽とボランティアが好き。

スポンサーリンク