/*①*/ /*②*/

スポンサーリンク

お得に買い物して社会貢献!「刑務所作業品」のコスパが良すぎる。

10月 20, 2019

スポンサーリンク

Left Caption

管理人NORI

どうも、管理人のNORIです!

ついに10月1日から消費税が10%になりましたね~。

軽減税率が適用される商品があるとはいえ、やはり増税の負担は避けられません

 

なるべくなら「安くていいものをお得」に買って家計の負担を抑えたいですよね?

今日は、高品質のモノをお得に買う事ができ、しかも未来へ繋がるそんな素敵な商品を紹介します!

受刑者が作る「刑務所作業品

その商品の名前は、「刑務所作業品」です。

 

引用:ほぼサタデイ限定大津ガイド

 

なんかあまり聞いたことがない名前ですよね。

 

説明をすると、

刑務所作業品は、日本全国に75施設ある刑事施設(刑務所等)にいる受刑者が作った商品です。

現在、およそ約4万1千人の受刑者が刑事施設で就業。

 

 

受刑者は犯した罪を償うために毎日規則正しい生活を送り服役しています。

 

そして、社会復帰のために施設内にある工場で職員の指導を受けながら作る商品が、刑務所作業品なんです。

 

最近では、「CAPIC」というブランドで呼ばれたりもしています。

種類が豊富で値段も安い!

刑務所作業品は、種類が豊富でしかも高品質で値段も手ごろ

引用:法務省

革靴カバンなどファッションアイテムからタンスやテーブルなどの家具、そしておもちゃや伝統工芸まであらゆる商品が揃っています。

 

カタログにはなんと、受注生産で神輿もあります。

もちろん日常に使う消耗品も。

タンスや伝統工芸はいらないという人でも、日常に使う消耗品があれば購入したくなりますよね?

 

私のおすすめは、横須賀刑務所で制作された洗濯石鹸の「ブルースティック」です。

 

ブルースティックは、部分汚れ専用の石鹸。

取れにくいシミや汚れを取るのに大変重宝しています。

 

実際にこの商品は愛用していて、気持ちいいほど汚れが取れます。

値段もかなりお得で本当におすすめです。

ブルースティック(横須賀) 単品

新品価格
¥370から
(2019/10/20 18:26時点)


そして、最近注目を集めるお土産に大人気の商品もあるんです。

お土産に人気を集めるマル獄シリーズ

多くの刑務所作業品の中でも、人気を誇るのがこのマル獄シリーズです。

 

函館 少年刑務所 マル獄 シリーズ 帆前掛け スタンダード 刑務所 (65 cm)

新品価格
¥2,980から
(2019/10/20 18:33時点)

マル獄シリーズは、北海道函館市にある函館少年刑務所で製作されています。

紺色の生地に刑務所をイメージした大きな「〇獄マーク」が特徴

 

このロゴマークは担当教官がデザインしたそう。

刑務所というネガティブなイメージを逆手に取り、大胆なデザインが大人気になりました。

 

こうした商品がデザインされ、生まれた背景にはある理由があります。

 

近年、住宅環境の変化により桐のタンスなど大きい家具は売り上げが減少。

それに変わるものとしてこういった商品が作られたそうです。

確かにこの商品なら、多くの人が手に取り刑務所の作業をしるきっかけにもなりますよね。

購入することで更生支援ができる

また、こうした刑務所作業品は購入をした代金の一部が犯罪被害者支援団体の活動に充てられます。

 

受刑者の贖罪にもなり、そして犯罪の被害に遭われた方々を支えることができるのです。

 

 

また、こうした商品を買う事で普段考えない刑務所や犯罪の事などを考えるいい機会になりますよね。

ぜひ皆さんも刑務所作業品を手に取ってください。

 

刑務所の受刑者がどういう生活を送ってるか気になる方は、こちらの本がおすすめです。

刑務所なう。 完全版 (文春文庫) [ 堀江 貴文 ]

価格:1,155円
(2019/10/20 18:30時点)
感想(4件)


あのホリエモンが刑務所で服役していた時の様子が書かれた漫画。

気になる堀の中の様子がわかるのでお勧めです。サクッと1時間で読めます。

 

刑務所の中 (講談社漫画文庫) [ 花輪 和一 ]

価格:836円
(2019/10/20 18:31時点)
感想(10件)

 

元祖刑務所漫画。
独特な画風で刑務所の日常がわかります。
どこかユーモラスな感じで、淡々と刑務所の中の様子が描かれ面白いです。

 

Left Caption

管理人NORI

いかがでしたでしょうか
今回は、刑務所作業品についてお伝えしました。

私たちの社会に確かにある「刑務所」。

 

しかし、塀の向こうと言われるようになかなか馴染みが薄いですよね。

 

私たちの住んでいるところにも必ずある刑務所。

刑務所作業品を買って調べる機会にしていただければと思います。

 

ブログを読んで頂きありがとうございました!ブログのシェアをSNSボタンからお願いいたします。

この記事を書いた人

NORI

生粋の道産子。目標は社会をより良くすること。現在32歳。大学卒業後、インフラ企業に就職。約9年働く。退職後、現在は中国在住。総合旅行業務取扱管理者、柔道初段など資格多数。旅と音楽とボランティアが好き。

スポンサーリンク