/*①*/ /*②*/

スポンサーリンク

規格外野菜が〇〇に!全国から次々生まれるビジネスがフードロスを救う!

10月 17, 2019

スポンサーリンク

Left Caption

管理人NORI

今日は絶対面白い!!

このブログでは、様々な世の中の問題、管理人が興味があるコンテンツ、雑記などを中心に記事を執筆しています。

その中で、1番力を入れて書いているのが「フードロス」「規格外野菜」です。

関連記事

誰も気づかず年間200万トンが廃棄。「規格外野菜」の食品ロスの現状と考えるべき事。

実は家庭が半分を占める!家庭の”食品ロス”を妨げる問題と対策は?

日本にある悪習慣?食品業界の「3分の1ルール」が食品ロスを加速させている。

食品ロス削減推進法案が成立!気になる法案の中身は?

私が強い関心を持つ理由は大きく3つです。

①祖父が農家をやっていて身近に農業を感じていた

世の中の不条理や可笑しさが分かりやすい形で縮図になっている

食べれるのに捨てている現状へのやるせなさと、貧困で苦しんでいる人がいるのに過去に自分が無関心であった事への後ろめたさ

「食べる」「買う」誰もが日常でする行為、無関係な人はいないですよね。

そして、毎年大量に捨てられている食材をニュースで知り、関心を持った人も多いと思います。

今日はそんな問題をビジネスで解決、改善しようとしている面白い、素晴らしいアイデアを実践している団体、会社などを紹介したいと思います。

①規格外野菜を使ったクレヨン!口に入れても安心な「おやさいクレヨン」

1つ目に紹介するのが青森県で規格外野菜を使い、安心安全な「おやさいクレヨン」を販売しているmizuiro株式会社さんです。

規格外野菜を使いクレヨンを作るというコンセプトにとても驚きました。

出典:mizuiro株式会社 ホームページ

そして、子どもが誤食をしたとしても食品由来なので安心、また人工ではない自然本来の色を知ることができる。

青森の長いも、ごぼう、りんごの皮などを使い地産地消にもなり、さらに付加価値を付けビジネスにしているのがとてもすごいと思います。

日本の先人たちは花や野菜で染め物をしていた歴史を考えれば、昔の素晴らしい知恵を使った取り組みですよね。

管理人も以前、このクレヨンを使ったことがありますが書きご心地も良い。

また海外にも輸出し、地域の文化活動に取り組んでいる素晴らしいです。

商品はECサイトでも取り扱いしています。

おやさいクレヨン 口に入れても安全な素材で作られています【メール便送料無料】(クレヨン 安全 10色 ギフト 子供 誕生日 御祝 入園 入学 内祝い 赤ちゃん 2000円 テレビ 所さん 子ども 一歳 二歳 三歳 四歳 1歳 2歳 3歳 4歳)

価格:2,160円
(2019/9/20 18:49時点)
感想(119件)

②国内初のフードシェアサービス「TABETE」

「TABETE」は株式会社コークックさんが運営するフードシェアリングサービスです。

メディアにも多く出ているので知っている方も多いと思います。

フードロス削減を目的に若い社長が運営するこのサービスは主に東京都内で利用できます。

飲食品で廃棄される食品を「レスキュー」するため利用者がプラットフォーム上で購入するサービスです。

出典:TABETE.me

このTABETEは飲食店の出店者のランニングコストがなく、またCSR活動の一環にもなり企業イメージを向上できるのがサービス利用が広まっているポイントだと思います。

利用者も関心が高い層が利用して社会問題解決に貢献できる、まさに三方良しのサービスだと思います。

こちらも全国で普及してほしいですよね。

③「規格外野菜をアイスに!」賞味期限なしで苦手な野菜も克服

規格外野菜をカット野菜など食品加工する方法もフードロスを解消する有効な取り組みです。

そんな規格外野菜をアイスクリーム(ジェラート)に加工して販売しているのが京南花さんです。

栄養を損ねることなくまた腐らせることもないアイスはとても有効な方法ですよね。

さらに、ジェラートに出来るのは、すだちや柿など食材を選ばず加工できるそう。

出典:京南花 ホームページ

アイスクリーム卸売業者として製造実績があり製造元、卸売り先も企業イメージを向上できるとてもいいビジネスだと思います。

野菜が苦手な子供にもおすすめですよね。

④パーティでフードロスを無くす!「フードサルページパーティ」

最後に紹介するのが、家庭に眠る冷蔵庫の余りものを1ゕ所に持ち寄りパーティをするサルページパーティを紹介します。

一般社団法人フードサルベージが中心となり始まったこのイベントは冷蔵庫の残り物を皆で持ち寄り料理をして食べるというもの。

パーティと言う事で社会問題を解決するという重苦しい責任感がなくむしろ気軽な気持ちで他の人と楽しくコミュニケーションできるのがいいと思います。

例えばケータリングサービスやレンタルスペースと組み合わせてよりビジネスを厚くしたりできるのもとてもタメになりました。

一般社団法人サルベージサービスさん https://salvageparty.com/

Left Caption

管理人NORI

ビジネスが世の中を変える!!

今回は規格外野菜を使った斬新な商品、テクノロジーを使った新サービス、得意分野を活かしたアイデア楽しく無理なくできるイベントを紹介しました。

この記事を読んで頂きフードロスは、「出荷前」でも「飲食店」でも「家庭」でも様々な場所から発生するという事が分かったと思います。

こうした様々なシチェーションで生まれているアイデアはとても素晴らしいものばかりですよね。

今まで規格外野菜は貧困の人やホームレスの方などに提供する、また安く販売するというモデルが一般的だったと思います。

また活動主体もNPOや行政であったりビジネスとして成立しないという考えが多くありました。

今回紹介したサービスや商品は、付加価値をつけビジネスとして成立し消費者も満足できるものを集めました。

善意の力だけでは限界があります。

ビジネスとして成立させることで、長くそして多くの人がその社会問題に取り組めますよね。

ブログを最後まで読んで頂きありがとうございます。

ぜひブログのシェアをお願いします!

この記事を書いた人

NORI

生粋の道産子。目標は社会をより良くすること。現在32歳。大学卒業後、インフラ企業に就職。約9年働く。退職後、現在は中国在住。総合旅行業務取扱管理者、柔道初段など資格多数。旅と音楽とボランティアが好き。

スポンサーリンク